Marinecouver(マリンクーバー)の英会話レッスン生徒様募集中

未来形の質問に現在完了で答える!?

質問と答え(基本編)

基本的には、聞かれた時制、言葉で返事をします。
だから、

Do you ~?と聞かれたら、
Yes, I do. / No, I don’t.

Did you ~?と聞かれたら、
Yes, I did. / No, I didn’t.

Are you~?と聞かれたら、
Yes, I am(we are). / No, I’m not(we aren’t).

という風に、
聞かれた言葉を受けて返すというのが、
一応基本です。

答えがそうでない場合もある!

今回のたとえはこちら。

「そこへいくのは初めて?」
と聞くのに、

“Is it going to be your first time to go there?”

とします。
基本の答え方とすれば、

“Yes, it is.” か、”No, it isn’t.”
になります。

“Is”で聞かれているから、
“is”で返す。


のですが・・・。


”No, I’ve been there many times.”
と返すことができるんです!


どういうことかというと、
Is it going to be…?
の文章は、

「そこに行くのは初めてになりますか?」
とまだ行っていない、先のこと(未来)を示して、
Is it going to be…?
という聞き方なのですが、

「何回も行っているよ」
と答える際には、
過去の一番最初に行ったという時点から、
現在に至るまで、「行った」という行為が繰り返されている
というニュアンスを出すために、
現在完了形である、
No, I’ve been there many times.
という表現を使っているんです。

必ずしも、Isで聞かれているから、isで答えなきゃ
というルールにそぐわない例でした。


be going to…も、
have been…も、
どちらも中学生の英語で習いますが、
答えるときのイレギュラーなケースは、
学校ではおそらく混乱を招くので教えていないと思います。

でも、これこそが、
実践的なリアルな英会話だったりします。

もちろん、本当に、頭ぐっちゃぐちゃになるから、
学校では教えない方が、無難ですけどね。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。