マリンクーバー(Marinecouver)の英会話レッスン生徒様募集中

西側のバンクーバーでも十分「紅葉」楽しんでいただけます!




秋口ともなると、
旅行代理店に並ぶ「カナダ」へのパンフレットは、
「紅葉」をメインに持ってくるようになります。

2004年、初めてカナダという国を訪れたとき、
カナダの紅葉があまりにもキレイだったのに感動し、
それでワーホリをカナダにしたのもありました。

あの景色をもう一度見に行こうか。
でもパンフレットに掲載されていた、
カナダの「紅葉」ツアーは予算オーバーで・・・。

かといって個人旅行にするには、
このケベック州の紅葉は、
なかなか車が無いと行きづらい・・・。

ケベックまで行かなくても、
バンクーバーで紅葉楽しめない!?

ということで、
大好きなバンクーバーで紅葉を楽しむことにしました!

西側のバンクーバーでも紅葉見れますか!?

「はい!」確かに、有名なローレンシャン高原は、東側にありますが、
西側のバンクーバーでも十分紅葉は楽しめると思います。
特に、バンクーバーの紅葉は、街路樹が色づくので、
街をブラブラしながら紅葉を楽しめます。

街歩きしながらの観光はCompassカードがお勧め!

Compass cardというのは、
トランスリンク社が発行する、
交通ICカードのことで、
関東圏であれば、JRの発行するSuicaのようなもの。

これにチャージをすれば、
電車・バスに乗ることができます。
バンクーバーは、
電車(スカイトレイン)もバスもトランスリンク社という1社が運営していて、
距離による課金制ではなく、
ゾーン制を敷いています。
1ゾーンの中で移動するなら一律いくら、
2ゾーンにまたがって移動するならいくら、
3ゾーンを移動するならいくらという感じです。
ゾーンは3ゾーンまであり、
ゾーンの中では、電車に乗ってもバスに乗っても、
1枚のカードで支払いが可能です。

Compassカードは、
ロンドンドラッグという薬局などでも買えるようなのですが、
券売機では日本語が選べるので、
電車(スカイトレイン)の駅で買うのが
一番買いやすいのではないかと思います。

駅にある、こんな機械で購入します。
このような券売機ではお札も使えますが、
バスの中ではCompassカードの販売はされておらず、
また小銭しか使えませんので、
注意が必要です。

また、1日の中で何度も乗り降りする場合は、
チャージが必要なCompassカードではなく、
Day-Pass(一日乗車券)にするのもオススメです!
同じ券売機で、
Compassカードか、Day-Passカードか
選択ができるようになっています。
(確か、Day-Passカードは色が白色だったと思います)

尚、Compassカードは、
発行時にデポジットがかかりますが、
返却の際に、デポジット分を戻すことができますので、
お忘れなく!

観光客が降りない駅”Nanaimo Station”から散策

バンクーバー街の中心部には、
スカイトレインの駅は3つほどあります。

まずは始発点の、ウォーターフロント駅。

そして、バラード駅、グランビル駅があります。
(写真がウォーターフロント駅しかなくてごめんなさい・・・)
3駅のどこから乗っても大丈夫です。

スカイトレインは、現在、
・エキスポライン
・ミレニアムライン
・カナダライン
・エバーグリーンライン
の4路線がありますが、

今日ご紹介するのは、
エキスポラインで、
ウォーターフロント、バラード、グランビル
の駅を通っています。

エキスポラインは、
車庫に入る電車を除いて、全て
「キングジョージ」行きです。
帰りは、全て、
「ウォーターフロント」行きです。
(日本のJRや私鉄各線と比べて、
とってもわかりやすいと思うのですが・・・)

スカイトレインは、
無人の自動運転で走る電車で、多くとも4両編成くらいの電車です。

こちらが「ナナイモ駅」街の中心部から10分ほどでしょうか。
見てお分かりの通り・・・何もありません(笑)
本当に、住宅地です。

スカイトレインやバスの駅・停留所の名前は、
そこにあるストリート(道)の名前をそのままとっていることが多く、
ナナイモ駅も、降りて目の前の通りが、ナナイモストリートです。

ナナイモストリートを数ブロック北上し、
今回は、カムループスストリートに行ってみます。

毎年の日照時間や、土壌などによって条件が変わるのだと思うのですが、
2019年は、ここがとても綺麗な紅葉を見せてくれていました。

真っ赤に色づいた木々の葉。

あぁ、雨じゃなければ・・・(笑)
晴れていれば、赤がもっと強調されて、
写真に映えたのかなぁと思いますが。
でも十分キレイじゃないですか!?

やっぱり観光客は少ないDeer Lake

ナナイモ駅から、さらにスカイトレインに乗って進むと、
ニューウェストミンスター駅という駅があります。

ここも、とても静かなところですが、
大学があったりするので、
時間帯によっては大学に通う学生を見かけたりもします。

ここから、123番のバス、ブレントウッドタウンセンター駅行き
のバスに乗ってみましょう。

ニューウェストミンスター駅からだと、
15分から20分くらいはかかると思うのですが、
Deer Lakeという湖があり、
その周りが周遊できるような公園になっています。

Deer Lakeというバス停は無いので、
Sperling Avenue
というバス停で降りてみましょう。
123番のバスは、Canada Wayという通りをメインに走ってきますので、
Canada WayとSperling Avenueという道が交差するところ
にバス停があります。

恐らく降りるとすぐに、
木々がたくさんありますので、
公園ということがわかってもらえるかなと思います。

すみません、やっぱり雨で、外に出ず車から撮影しています・・・

公園といっても、日本の公園とは異なり、
ただただ広いです(笑)
そして日が落ちると街灯などはほとんどありませんので、
事件、事故などに巻き込まれないよう、
この公園に限らず、公園を訪れる際は、
十分な時間の余裕をもって訪れてください。

公園の中を進むと、Deer Lakeという湖も見えますが、
この湖にたどり着くまでもけっこうな距離がありますので、
軽いハイキングに出かけるような、
靴や上着をご準備されてもいいと思います。
(地元の人は公園の中を車で移動していたりします・・・)

こんな感じの湖で、
時間が本当に静かにゆっくりと流れるような感じがします。

鳥たちも餌でももらえると思ったのか・・?
怖がる気配もなく、陸に上がってきます(笑)

ナナイモの方は、赤い葉でしたが、
こちらは黄色の葉。
(やっぱり晴れていればなぁ・・・)


きっと、全く観光地ではない場所でも、
他にもきっと綺麗な場所はあったことでしょう。
お時間に余裕があれば、
こんなマニアックな観光もいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。