Marinecouver(マリンクーバー)の英会話レッスン生徒様募集中

「あきらめる」を英語で・・?

ショッピングモールに行った帰り、
もう食べて帰ろうと、
レストラン街に行ったら、
どのレストランも満席で。

もう「あきらめて」家帰ることにしたわ・・

なんて英語で言いたいとき、
なんて言いますか?

「あきらめる」を辞書で引くと、
多く出てくるのが、”give up” という単語。
ギブアップね!!
知ってる知ってるその言葉!!
なるほど!!

We wanted to eat at the shopping mall, but
the restaurants were full
so we gave up and we went home.

って言いたくなるのだけど・・・。


実はこの”give up”という言葉、
そうそう簡単には使えないんです。


というのも、
ニュアンスとして、
ずーっと頑張って、努力して、続けてきた。
でも、もう、ダメ・・・。
なんて時に使う「あきらめる」”give up”
なのです。


なので、レストランが満席で食べて帰るのあきらめたわ
って言いたいとき、
そ、そんなに頑張って苦労して並んでたんですか!?
ってことになってしまいます。

では、どう言うか?
この場合は、

so we decided to go home.

や、

so we decided not to wait.

というように、
“decide” を使うのがいいかなって思います。

decide : (他動詞) ~を決心する
「~を」決心するなので、decideの後には必ず
「~を」にあたる言葉が必要です。
1人じゃ寂しくていられない他動詞君です。




ちなみに、decideの発音を、
松香フォニックス式で読んでみたいと思います。


decide で一つの単語ですが、
de(離れる) + cide(切る) と2つの言葉が語源となって、
decideという言葉を作っています。

なので、読むときも、
de + cide という形で音を分解していこうと思います。


deは、
“d” + “e” と音を分解して、
“d”は、フォニックス読みのdの読み。
“e”については、
単語の中に母音が一つでその母音が語尾につくときは、
名前読み(イー)となります。


cideは、
“c” + “i” + “d” + “e” と音を分解して、
“c” の後に、”i” と来るとき、
“c”の発音は、soft c というルールがあって、”s”の発音になります。

そして、最後の”e”が、silent e (magic e)(※)というルールがあるので、
cの後の”i”は、名前読み(アイ)、
最後の”e”は発音しません。

わざと、カタカナで表記すると、
スー+アイ+ドゥ となるわけです。

deとcideをくっつけて、
カタカナ表記にすると、
ドゥ+イー+スー+アイ+ドゥ
これをつなげて、
ディサイド
読めました??

(※)silent e (magic e)・・・母音字 + 子音字1つ + eの場合
最後のeは、その前の母音字を名前読みに変え、e自体は発音しないというルール。

日本語を発音するようにディサイドと言ってしまうと、
また正しいフォニックス発音とは違ってしまいますが、
(dの発音とド(日本語)の発音は違います)
わかりやすくするために、カタカナを使用しています。



decideの語源については、
清水建二先生、すずきひろし先生著
「英単語の語源図鑑」
かんき出版
から引用させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。