マリンクーバー(Marinecouver)の英会話レッスン生徒様募集中

気を付けたい日本語になっている英語




よく使われる「英語」もしかして意味違うかも!?

突然ですが、
こちらの記事ご覧ください。

こちらは、
「The Japan TimesJが英語学習者用に
発行している新聞記事なのですが、

タイトルが、
“Revenge” (リベンジ) となっています。

そうです。

よく使われるのではないでしょうか?
例えば、ある試合に負けたとき、
次の試合を「リベンジ」なんて言ってみたり。

リベンジという言葉は、
やり返す、もう1度挑戦する
といった意味に使っていないでしょうか?

しかしながら、
“Revenge” という単語、
「復讐」という意味です。

記事は、イランの指導者が米国軍に殺害されたので、
revenge = 復讐だ!
という意味で使われているのです。

revengeという単語は、
非常に意味合いが強いです。
日本語のニュアンスのような、
「再度挑戦する」というような優しい意味はありません。


なので、会話の中で、
安易に”revenge”という単語を使うのは控えたいところ。

何か恐ろしいことを企んでいる
と思われても仕方ないことになってしまいます。

もっと簡単なものの場合は、
“try”を使うのが適しているかもしれません。

また”challenge” についても、
直面した困難などに、打ち勝つような大きな努力
についてchallengeを使うので、
場合によっては、
challengeですらも強すぎる表現になることがあります。

モチベーションって上がり下がりするもの!?

“motivation” という言葉を英和辞典などで引くと、
「やる気」と書いてありますので、
日本語の感覚でいうと、
やる気は「上がり」「下がり」するもの。
なんですよね。


しかしながら、
英語においてのmotivationは、
何かやりたいことに対してやりたいと引き起こさせるもの
ということで、
上がり下がりすることではないのです。

なので、一例としてですが、
I wonder how he stayed motivated.
(どうやってモチベーションを維持するんだろうか。。。)
というように、
もともとモチベーションは高めのところに存在していて、
それを維持するというような感覚です。

今日は、
revenge と
motivationについて、
ちょっとした解説をさせていただきました。

この2つ、
会話で使う場合には、
要注意!ですよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。